ValheimVRM MODの導入方法

ヴァルヘイム(Valheim)でプレイヤーモデルを任意のVRMモデルに差し替えるMOD

VRMについては こちら

※諸注意

  • 本MODはValheim専用のMODです。
  • バグで起動できない可能性があります。@yoship1639までご連絡ください。
  • マテリアル(シェーダ)の互換性の問題でモデルの見た目が崩壊する可能性があります。
  • 公式のバージョンアップで本MODが動作しなくなる可能性があります。作者までご一報ください。
  • 本MODを利用する前に、必ずセーブデータのバックアップを取ってください。不具合からセーブデータが壊れてしまう可能性があります。
  • 本MODを利用した事によるいかなる損害も作者は一切の責任を負いません。自己の責任の上でご利用下さい。
  • 本MODに関する如何なる問い合わせをValheimの運営元にしないで下さい。
  • 3Dモデル界隈は権利や版権に関する問題が起きやすいので、使用するモデルに関しては十分ご注意ください。
  • 権利や版権に関する問題が多発する場合、本MODのアップデート及び配布を停止する可能性がございますのでご協力お願いいたします。
  • 問題点や改善点がある方は@yoship1639もしくはhttps://github.com/yoship1639/ValheimVRM/issuesまでお願いします。
  • Youtube等での配信は作者の許可を取らなくても自由に行っていただいて構いません。記載してもらえると嬉しいな程度の温度感です。
  • 以上を理解したうえで、良識の範囲内で楽しいヴァルヘイムライフを送りましょう!

※Notes

  • This mod is for the game Valheim.
  • If a bug prevents the game from starting, contact @yoship1639.
  • Material (Shader) compatibility issues may break the model's appearance.
  • This mod may not work with the latest official update. Please contact the author for more information.
  • Please make sure to backup your save data before using this mod. Glitches may corrupt your save!
  • The creator of this mod takes no responsibility for any damages incurred from the use of this mod. Use it at your own risk.
  • Please do not ask the creators of Valheim for help or information regarding this mod.
  • Many public models have rights/copyright restrictions, so please respect those rights and be careful with which models you use.
  • If copyright issues become common, we may halt the development and distribution of this mod. With that in mind, please oblige.
  • If you have any feedback or run into any issues, please contact @yoship1639 or go to https://github.com/yoship1639/ValheimVRM/issues
  • You are free to stream on Youtube and other sites without the author's approval.
  • With all that said, live happily and sensibly in Valheim!

How to install in English video

thanks @ArgamaWitch !

1. MODプラグイン「BepInExPack」の導入

① BepInExPackの配布ページ(https://valheim.thunderstore.io/package/denikson/BepInExPack_Valheim/)から「Manual Download」をクリックし「denikson-BepInExPack_Valheim-x.x.xxx.zip」をダウンロードしてください。

②「denikson-BepInExPack_Valheim-x.x.xxx.zip.zip」を解凍し、「BepInExPack_Valheim」の中身をすべて「Valheim」フォルダ内に入れてください。

Valheimフォルダの中が以下のようになれば大丈夫のはずです。

※Valheimフォルダは以下の手順で確認できます。

  • SteamのValheimの [プロパティ] - [管理] - [ローカルファイルの閲覧]

以上でBepInExPackの導入は完了です。

2. 本MOD「ValheimVRM」の導入

① ValheimVRMの配布ページ(https://github.com/yoship1639/ValheimVRM/releases)から「ValheimVRM_x.x.x.zip」をダウンロードしてください。(x.x.xは最新のバージョンをダウンロードしてください)

② 「ValheimVRM_x.x.x.zip」を解凍すると以下が入っていることを確認してください。READMEからこのページに移動できます

③ それぞれのファイルを以下に配置してください。

  • 「valheim_Data_Managedに入れるファイル」フォルダの中身全部を「Valheim/valheim_Data/Managed」フォルダ内にすべて置き換えで入れる。※置き換えで入れないとMODが動作しません
  • 「BepInEx_pluginsに入れるファイル」フォルダの中身全部を「Valheim/BepInEx/plugins」フォルダ内にいれる
  • 「settings_player.txt」を[3. 始める前の準備]で説明する「ValheimVRM」フォルダ内にいれる

以上でValheimVRMの導入は完了です。

3. 始める前の準備

① 「Valheim」フォルダ内に「ValheimVRM」フォルダを作成してください。

② 「ValheimVRM」フォルダ内にプレイヤーモデルと差し替えたいVRMファイルを「プレイヤー名.vrm」で入れてください。(プレイヤー名はヴァルヘイム内のプレイヤー名に置き換えてください)

③ 「ValheimVRM」フォルダ内に入れた「settings_player.txt」を「settings_プレイヤー名.txt」にリネームしてください。(プレイヤー名はヴァルヘイム内のプレイヤー名に置き換えてください)

④ settings_プレイヤー名.txt内を編集することで本MODの各種調整ができます。

以上で準備完了です。Valheimを起動しプレイヤーモデルがVRMモデルに差し変わっていることを確認出来たら成功です。お疲れ様でした。

差し変わっていなかった場合。今回の手順をもう一度見直してやり直してください。

4. バージョンアップ方法 (すでに古いバージョンを導入している方向け)

① ValheimVRMの配布ページ(https://github.com/yoship1639/ValheimVRM/releases)から「ValheimVRM_x.x.x.zip」をダウンロードしてください。(x.x.xは最新のバージョンをダウンロードしてください)

②「Valheim/BepInEx/plugins」内の「ValheimVRM.dll」を新しいやつに置き換えてください。

③「valheim_Data_Managedに入れるファイル」に新しく追加されたdllがある場合は、それを「Valheim/valheim_Data/Managed」フォルダ内に入れてください

以上でバージョンアップは完了です。

※ ValheimVRM MODをアンインストールする場合

① 「Valheim」フォルダにある「ValheimVRM」フォルダを削除してください。

② 「Valheim/BepInEx/plugins」フォルダにある「ValheimVRM.dll」「ValheimVRM.shaders」を削除してください。

③ 「Valheim/valheim_Data/Managed」フォルダにある以下のファイルを削除してください。

  • DepthFirstScheduler.dll
  • MeshUtility.dll
  • MToon.dll
  • ShaderProperty.Runtime.dll
  • UniHumanoid.dll
  • UniJSON.dll
  • UniUnlit.dll
  • VRM.dll
  • netstandard.dll
  • System.ValueTuple.dll

以上で本MODのアンインストールは完了です。

更新履歴

  • ver1.0.10およびver1.0.11で処理が重くなってしまった問題を修正
  • エラーの修正
  • ログが流れ続ける問題を修正
  • 武器の表示位置を調整できる設定項目を追加
  • カメラが近い時にVRMモデルがカリングされない問題を修正
  • 一部VRMモデルの読み込みに失敗する問題を修正(VRMEyePositionSync関連)
  • キャラクター選択画面でVRMを表示
  • マテリアルの色設定が微妙にずれていた問題を修正
  • 処理を高速化
  • MToonシェーダを使用できる設定項目を追加
  • 相手側から見たプレイヤーの装備が外れて見える問題の修正
  • リスポーン時にカメラ位置が変になるバグの修正
  • モデルのY座標のオフセット位置を調整できる項目の追加
  • 一部VRMモデルの読み込みに失敗する問題を修正
  • カルチャーによって設定ファイルが正しく読み込めなかったバグを修正
  • カメラの高さをVRMモデルの身長に合わせる設定項目追加
  • マルチプレイ時に他のプレイヤーにVRMモデルが適用されてしまうバグを修正
  • 一部胸装備が表示されてしまうバグを修正
  • 頭装備の効果が消えてしまうバグを修正
  • 死んだ時に元のモデルが出現するバグを修正
  • 初版
  • プレイヤーモデルをVRMモデルに差し替える機能実装
  • VRMモデルのスケールを調整可能
  • VRMモデルの明るさを調整可能